眼圧計「トノベット」導入しました

2018年03月01日

こんにちは。
徐々に暖かくなるとともに、スギ花粉症の方にはつらい季節になってきました。
そんな私も目が痒くなって大変です。
どうも、院長の石川です。

さて、このたび目の張り具合(眼圧)を測定するトノベットという検査機械を導入しました。
従来型の眼圧計と違い、目に麻酔をかけることなく速やかに眼圧を測定できます。

緑内障の発見や維持治療に必須の道具です。

厳重なケースに入っていて、存在感ありです。

 

実際は下向きではなく、必ず水平状態で使わないといけません。

 

左側の白い部分が眼球の表面に6回接触して測定されます。ほとんど触れている感覚はありません。
ちなみにこの部分は使い捨てで、それなりの値段がします( T_T)

今後も先進の機器の充実に努めてまいります。

1